ソーシャルゲームの特徴

全盛とも言える状態でありながら、いまだその成長を止めないIT業界。
携帯やスマートフォンといったIT機器の普及はもちろん、それに伴いインターネットも爆発的に普及しました。最近すっかり携帯ゲームの代名詞となっているソーシャルゲームも、この時代を象徴するゲームの一形態と言えるでしょう。

今多くのIT企業がソーシャルゲームの開発を進めており全体としては一月に何本新作が出ているのかもはや把握できないくらいの勢いですが、これはゲームとしてのシンプルさ、そしてゲーム自体の寿命の短さが原因としてあります。

ソーシャルゲームには従来から存在する据置機や携帯機で味わえるようなゲーム性というものはほとんど存在せず、あくまで「ソーシャル」ゲームとして、他プレイヤーとのコミュニケーションを重視した結果、企業側は所持していることで他人に優越感を持てるようなキャラクターグラフィックや、有料のアイテムに課金をさせるビジネスモデルの構築に勤しんでいます。

結果、することと言えばイラスト投稿サイトで絵のうまい「デザイナー」探しに時間を割いたり、どこかで物足りなくなるような、普通のゲームなら「バランスが悪い」と言われてしまうようなゲームデザインをすることだったりします。バランスが悪い、と言いましたが世間的には駄作のレッテルを貼られかねない環境を作っても文句を言われない(もしくは、文句を言われながら課金で儲けられる)のはソーシャルゲーム独自の文化と言っても良いのではないでしょうか。

また、ゲーム好きならプログラマになりたいと夢見る方もいるのではないでしょうか。
それに、デザインだけではゲームは完成しません。プログラミングをしなければ、動作しませんので面白みがないです。